最近の記事

2005年09月01日

中禅寺湖上から その3

立木観音

標題やおそらくガイドブックにも立木観音と紹介されていると思います。
でも、お寺の名前は中禅寺です。
中禅寺湖の名前の由来ともなったお寺です。
(昔、中禅寺湖は幸湖と呼ばれていました)
ここは輪王寺の別院でもあります。



紅葉の時期は寺院の紅とともに綺麗な風景が見られます。
是非、遊覧船からの眺めをご堪能下さい。

では、立木観音とは?
posted by 宮っこ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

中禅寺湖上から その2

イタリア大使館

奥日光はその昔、欧米各国の外交官たちが競って訪れた地です。このイタリア大使館も実際に使われていた別荘を手直しし、公開したものです。

洋式建築と和風な材料(杉皮など)のミスマッチが人を惹きつける要因になっている気もします。
さらにここをお勧めするのは景色がすばらしいから。
昨日もそのようなことを言ってなんて思われるかもしれませんが、ここからですと、人工物が目に入らず自然を堪能することができるのです。
湖面に面したところに椅子が並べられ、リラックスした状態で満喫できます。


静かな日光を楽しんで見ませんか?

イタリア大使館の開館時間等はコチラ。
posted by 宮っこ at 23:16| Comment(6) | TrackBack(1) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

中禅寺湖上から その1

中禅寺湖畔ボートハウス

中禅寺金谷ホテルの道路を挟んで湖側に建つ建物がボートハウスです。

当初、中禅寺金谷ホテルの所有でしたが、進駐軍に接収されていたそうです。その後、コテージやレストランとして利用されていましたが、老朽化により手を持て余していたところを栃木県が請け負い、補修の上、現在のように利用されています。

と、書いても行かれたことがない方にはピンと来ないことでしょう。
道路から入ったフロアが2階で、休憩室展望デッキとなっています。
1階は展示室艇庫です。
はっきり言って、特に見るところはありません。
ですが、無料ですし、展望デッキがなかなかの眺めなのです。中禅寺湖畔でお弁当でもと思っている方は是非お勧めです。




ボートハウスの開館時間等はコチラ。
posted by 宮っこ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

紅葉を見に行きますか?

暑い日が続きますが、夏バテなどされていないでしょうか。
こんな最中ではありますが、紅葉関連情報を。

すでに日光湯元温泉では週末の予約が埋まりつつあります。
そこで紅葉シーズンとなる10月15日(土)の予約がまだ可能なホテルを紹介しましょう。
条件:10月15-16日の一泊二日、大人2名

奥日光小西ホテル48,300円〜
日光湯元温泉 奥日光小西ホテル



奥日光森のホテル37,800円〜
日光湯元温泉 奥日光 森のホテル



※8月3日現在の情報です。
日光湯元温泉に限らず、中禅寺湖畔でも温泉を提供しているホテルがあります。
探してみて下さい。

紅葉の見頃予想はこちら
posted by 宮っこ at 14:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西の湖へ

昨日の報告の続きです。
赤沼からのバスで千手ヶ浜まで行ってみました。
クリンソウの時期はあれほど混んでいたバスはガラガラ。
雨がまたパラパラする中、千手ヶ浜に到着しました。
千手ヶ浜から見た中禅寺湖


そこから西の湖へ歩いていくと...。
posted by 宮っこ at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

男体山

中禅寺湖が堰止湖であることはご存知でしょうか。
男体山の噴火によりできたのです。

台風11号により、奥日光にも多くの雨がもたらされました。
風も強かったようで、葉や枝が道路に散らばっていました。

雲の合間から青空がのぞき始めました。
男体山

posted by 宮っこ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

中禅寺湖

中禅寺湖畔は昼間、雨が降りましたが、通り雨程度ですぐやみました。
お盆も過ぎ、観光客が幾分少なくなった気がします。

夕日に照らされ、光に溢れた湖畔が眩しく感じられました。
中禅寺湖
posted by 宮っこ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

中禅寺湖の絶景ポイント

中禅寺湖をきれいに見渡すことができるポイントはいくつかありますが、
紅葉シーズンでも、驚くほど混んでいないところをご紹介しましょう。
それは半月峠に向かう途中にある駐車場。
こんな感じで見下ろすことができます。
半月峠から


何が良いって、駐車場のすぐ脇が絶景ポイントであること。
しかも八丁出島を上から見られ、中禅寺湖、男体山とポイントとなるべきものが一望できます。
中禅寺湖畔から空いている時期で10分ほど自動車を走らせれば到着します。
是非、お勧めです。

なお、この道は行き止まりです。
posted by 宮っこ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

渓流

木々の間からこぼれる光を背中に受けつつ、渓流を歩いてきました。
車を駐めてから歩くことしばし。
まだまだ日光にはすばらしい場所が多くありますね。

渓流1


渓流2

※下の写真はもう一回り大きいファイルを縮小して表示してあります。
posted by 宮っこ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

山王林道に咲く花2

8月9日の一回目に引き続き、二回目です。
今回撮ってきた写真以外にも数種類、咲いていました。
花の名前が分かると、更におもしろいのでしょう。
ガイドブックでも購入しようかなぁ。

山王林道に咲く花   山王林道に咲く花

山王林道に咲く花

posted by 宮っこ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

山王林道に咲く花1

山王林道は奥日光と栗山村の川俣温泉を結ぶ林道です。
林道とはいえ、全線舗装されており、秋の紅葉は見事です。
一方で、林道のため、落石(こぶし大のものからそれ以上)があり、ご利用の際はご注意下さい。

この時期、林道沿いには花が咲いています。奥日光の光徳牧場から入っていって、山王峠付近まで行き、そこでUターンしてもよいかもしれません。
山王峠の少し先まで行くと切込湖、涸沼が見えます。
歩いて下ると、舗装面であることもあり、疲れてしまうかもしれませんので、運転手は我慢するか、走っては止まり(道路が広いところで、カーブ中〜終わりでは止めないで下さい)、観察してみてもよいかもしれません。

山王林道に咲く花3   山王林道に咲く花5
posted by 宮っこ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

山王帽子山

体力に自信がない私。
それなのに今日紹介するのは山王帽子山
澄み切った青空の下、山王林道沿いにある登山口からスタートしました。
アブが執拗に襲いかかる中、進軍します。
緑の回廊を歩くの自体は良いのですが、如何せん、道が急すぎる...。
体力の限界を感じつつ、山頂を目指します。
途中、視界が効くところで休憩。
山道の途中から

右奥に小田代原、中央が戦場ヶ原、写真では判らないかも知れませんが、左に中禅寺湖が少し見えました。
登山口から登ること1時間10分。
とうとう山王帽子山頂に到着。
山王帽子山頂

体力が許せば太郎山まで行く予定でしたが、あえなく撃沈しました。
帰りは50分くらいだったかなぁ。

体力のなさを痛感した今日この頃でした。
posted by 宮っこ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

小田代原&西の湖

台風一過を狙って、西の湖まで足をのばしてみました。
途中、小田代原に立ち寄りました。
ノアザミを狙ったカメラマン達で木道が占拠されていました。
通常、すれ違うのに十分な道幅の木道ですが、占拠されてしまうと、他のハイカーにとっては邪魔者以外の何者にもなりません。ひとりの景色ではありません。みなさんですばらしい光景を共有したいものです。
愚痴をこぼしてばかりでは紹介になりませんので、開花状況は下記のとおり。
アザミ   小田代原


台風一過を狙ったのですが、西の湖に向かう途中では雨がパラパラ。
心配したのですが、それ以上にはなりませんでした。
水が少ないよぉ、という記事が掲載された(6月下旬だか7月上旬だったと思います)と聞いていましたが、さすがに26日だけで183mmも降ったので、さぞかし、水をたたえているのかと思っていました。
ところが、いつぞや来た時と比べると少なかったです。
西の湖

帰る頃になって、青空が広がりはじめました。
木々の間からこぼれる光が眩しかったです。


暑い日が続きますが、奥日光は避暑に最適ですよ!
posted by 宮っこ at 12:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

とある渓谷

こんな写真はどうでしょうか?

渓谷

水面から5mくらいのところを歩いていても、顔に水飛沫を感じました。


今日から台風7号が接近します。
ご注意を。

渓谷内にはこんな花が咲いていました。
posted by 宮っこ at 08:30| Comment(3) | TrackBack(1) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

船舶消防訓練

本日、中禅寺湖において、消防訓練がおこなわれました。消防訓練というと消防車が放水して、はしご車が来て、なんていう訓練を思い浮かべますが、今日のは違います。
何が違うって、船舶消防訓練ですから、主役は船。応援にヘリコプターが来ていました。


船から取り残された人を救助する訓練


湖上での放水訓練


ヘリコプターへ水を汲み上げている


ヘリコプターからの放水訓練


しかし、ヘリコプターからの放水は微量過ぎて、鎮火に役立つのか疑問でした。
posted by 宮っこ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

湯の湖畔

連続して紹介していた奥日光ハイクシリーズ最終回!
湯の湖についてです。
湯の湖は一周1時間、周囲を見ながらゆっくりでも1.5時間あれば一周できる日光湯元温泉目の前の湖です。
この時期、兎島(島と言っても出島です)の根元には小さいながらも湿原があり、箱庭のような場所にワタスゲが咲いていました。
ツツジとともに見ることができ、お手軽感が高いです。
兎島のワタスゲ


また、湖畔には先日紹介したベニサラサドウダン、それの色違いのサラサドウダンもありました。
サラサドウダン
posted by 宮っこ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

小田代ヶ原

小田代ヶ原は言うに及ばず、戦場ヶ原の南西に位置する草原?です。?としたのは、湿原から草原への過渡期であるためです。それが巧を奏して小田代ヶ原は四季折々、様々な植物でハイカーを楽しませてくれます。
小田代ヶ原で最も有名な貴婦人の足元はウマノアシガタで覆い尽くされているのが印象的です。
貴婦人とウマノアシガタ


アヤメもきれいに咲き誇っていました。
posted by 宮っこ at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

戦場ヶ原-泉門池付近-

昨日に引き続き、戦場ヶ原を行く!
戦場ヶ原を北上すると、泉門池にたどり着きます。
途中の湯川には下のようなバイカモが咲いています。
写真では判りづらいかもしれませんが...。

泉門池でお昼休みをしていると、脇の方で歓声が。

-----------------------------------------------------
オリンパス小型軽量双眼鏡ポロプリズム式双眼鏡7×21 PCIII Classic【代引手数料無料】ハイキングに持って行くと楽しみが増える双眼鏡。バードウォッチングや遠くの草花を見ることができます。倍率は7倍ぐらいで十分だと思います。それよりもハイキングで持って歩くのであれば、軽さや明るさにこだわってみてはいかがでしょうか。
-----------------------------------------------------

何かと思うとそこには...
posted by 宮っこ at 08:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

戦場ヶ原のワタスゲ

戦場ヶ原ワタスゲが見頃です。
戦場ヶ原のワタスゲ


すでにサギスゲもありました。


週末の混雑状況
1.10時頃には赤沼の駐車場は満車でした。
2.9時頃は竜頭滝の駐車場(滝の脇及び滝の上の国道沿い)に空きがありました。
3.木道には思ったほど、人が多い状況ではなかったです。
4.クリンソウがある千手ヶ原は激混みです。
5.ハイブリッドバスは途中からの乗車はかなり困難。
6.千手ヶ浜から戻るバスは1回待ちの覚悟が必要。
posted by 宮っこ at 08:29| Comment(6) | TrackBack(1) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

戦場ヶ原周辺

戦場ヶ原周辺は今が花盛り。
ワタスゲも見頃となっています。
それに加えて、ズミベニサラサドウダンも咲いています。
ちなみにズミは木によってかなり開花の状況が異なりますので、探せば、つぼみのものから満開の花まで見ることができるでしょう。
またベニサラサドウダンは戦場ヶ原というより湯の湖周辺や切込・刈込湖周辺、山王峠付近に多く自生しています。

ズミ1
ズミ

ベニサラサドウダン
ベニサラサドウダン

posted by 宮っこ at 08:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

中禅寺湖南岸

中禅寺湖は周囲何kmくらいあるのかなぁと思い、ネットで調べてみましたが、22kmから27kmとかなり幅がありました。個人的に考えるには、短いほうは遊歩道の延長(半島など、一部湖岸延長とは異なる)、長いほうはそれなりに何かで計測したのでしょうね。

さて、今日は梅雨の晴れ間を利用して中禅寺湖南岸を歩いてきました。ものの本などを見ると千手ヶ浜から狸窪(むじなくぼ)は多少ばらつきがあるものの約3時間と書いてありました。が、結論から言うと3時間でスケジュールを組むと、単に歩くだけとなりかねません。健脚の方はともかく、ハイキングでも行こうかなんていうくらいの方は3時間半ぐらいで計画を立てておくと、休みながら、草木を見ながら行けると思います。
-------------------------------------------------
日光彫 オーダーメイド 手鏡細長タイプ (大)日光で食べ物以外のお土産なら日光彫の手鏡はいかが? サイズも豊富ですし、日光駅から二社一寺までの通り沿いにも数軒、お店があります。
-------------------------------------------------
ハイキングの途中で・・・
posted by 宮っこ at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

クリンソウ

千手ヶ浜クリンソウが見頃を迎えつつあります。
7分咲き程度でしたが、明日から天気が崩れることを考えれば、今日行かれた方はラッキーなのかも知れませんね。

千手ヶ浜九輪草1  千手ヶ浜九輪草3

   左 中禅寺湖側を臨む
   右 沢の脇に咲くクリンソウ

千手ヶ浜九輪草2

   写真撮りに励むカメラマン

竜頭の滝と違い、マナーの悪い方は見あたりませんでした。伊藤さんをはじめとするボランティアで成り立っている楽園ですので、今後ともマナーを守って楽しみましょう。
posted by 宮っこ at 18:24| Comment(3) | TrackBack(4) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

竜頭の滝

ミツバツツジが見頃を迎えました。
竜頭の滝


まだ、つぼみもありますので、もうしばらく楽しめるとは思いますが、せいぜい来週くらいまでですかねぇ。

確かにきれいです。奥日光全体にいえることですが、シャクナゲにしてもツツジにしても今年は花が多い!
でも、ひとりの景色ではありません。柵の中へは入らないでくださいとも書いてあります。常識をわきまえて、美しい風景を共有しましょう。
こんなことをしてはいけません!
posted by 宮っこ at 23:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

竜頭の滝

竜頭の滝ミツバツツジが今日11:00頃、3分咲きでした。駐車場の空きがなかったので車中からしか見ませんでしたが。
posted by 宮っこ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

義経

義経のオープニングに華厳の滝が出てきます。
同じような?アングルの写真がありましたので、ご覧ください。

040701華厳滝&涅槃滝.jpg

奥に見えるのが、華厳の滝。写真中央に見えるのが涅槃の滝です。通常、涅槃の滝は有料観瀑台から下にのぞき込めば見ることはできますが、滝を真上から見るようになるので、このアングルからの写真は貴重ではないでしょうか。
posted by 宮っこ at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

方等滝・般若滝

第一いろは坂(降り)の途中に剣ヶ峰というパーキングがあります。半分以上降ってきたところにあり、意外と立ち寄っている人が少ない場合が多いです。しかしここは二つの滝を一望できるスポットなのです!

続きはコチラ
posted by 宮っこ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

千手ヶ浜のクリンソウ

昨年、NHKで放送された後、非常に混雑した千手ヶ浜クリンソウが咲き始めました。
もともと奥日光には広くあったクリンソウですが、鹿による食害を受け、激減してしまい、現在群生しているのは千手ヶ浜菖蒲ヶ浜の一部のみだと思われます。
千手ヶ浜の群生地は周囲に網を巡らし、保護しているため、年々株が増えているような気さえします。しかも驚くのはそれが一個人の賜物だということ。お茶やコーヒーのサービスコーナーも設置され、頭が下がります。網の購入や保護のため、寄付を募っていますので、クリンソウを見て感動されたり、美しいと思った方は是非、ご賛同ください。
この写真は5月27日に撮影したものです。咲いている株を探して撮影した状況です。この辺りを管理している方に聞いたお話では6月中旬が見頃ではないかとのことでした。

クリンソウ

posted by 宮っこ at 10:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

中禅寺湖畔のツツジ

中禅寺湖畔では様々な花が咲き誇っています。
しゃくなげミツバツツジシロヤシオと種類は様々です。今年は地元の人をして花が非常に多いと言わしめるほどの咲きようなので、是非、湖畔をハイキングしてみてはいかがでしょうか。歌ヶ浜から菖蒲ヶ浜、そして千手ヶ浜、もし体力に自信があるのであれば中禅寺湖南岸もお勧めです。
また、体力に自信がないなぁという方はという選択肢もあります。お金に余裕があればモーターボートをレンタルするのも良いでしょう。中禅寺湖をぐるっと一周するとおよそ1時間強くらいになりますので、参考にしてください。
そこまでは、という方は中禅寺湖機船でやっている観光船を利用してみてください。この時期、一周するコースはやっていませんが、船の駅中禅寺から菖蒲ヶ浜経由千手ヶ浜のコースがあります。岸にあまり近づかずに運行するので双眼鏡か何かを手にしながら湖岸ウォッチャーとなってもおもしろいかも知れません。釣り人の観察もできるかも。

シロヤシオとミツバツツジ

posted by 宮っこ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

華厳の滝とヤシオツツジ

中禅寺湖畔のヤシオツツジは終わりを告げようとしているところですが、華厳の滝とのツーショットを。
ヤシオツツジと華厳滝
あまり見ることのないアングルではありませんか?
こちらのアングルも。
posted by 宮っこ at 17:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

中禅寺湖と男体山と桜

中禅寺湖畔のが満開を迎えています。ヤシオツツジもきれいです。新緑はもう少し先ですが...。
男体山と桜


中禅寺湖へ桜を見に行かれる方へ
中禅寺湖畔は寒いです。何が寒いって、風が半端ではないです。
車で行かれる方は最低でもウィンドブレーカー、場合によってはそれより厚手の上着をお持ちください。
バス等を利用される方は体温調整が容易な服でお越しください。

追伸
今日、金精峠付近ではが舞っていました。
posted by 宮っこ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>奥日光の湿原他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。