最近の記事

2005年09月13日

五重塔

東照宮の目の前に建つ五重塔。こちらは二社一寺へ来られた方なら、目にしているかと思います。

五重塔


高さ約36mのこの塔は酒井忠勝によって寄進されたもので、1650年に建立されました。
その後、火災により焼失しますが、酒井忠勝の子孫により再建され、現在に至ります。
日光パーフェクトガイドに構造についても記述がありますが、難しくて分かりません。かなり特殊な構造なんだなぁということだけが分かりました。

あと一ヶ月半もすればこのあたりも紅葉が始まるでしょう。
posted by 宮っこ at 08:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

黒門

表参道を東照宮に向かって歩き始めて、まず目に付く門が右手にあるはずです。
それが今日紹介する黒門です。
黒門

旧本坊の表門だった黒門ですが、明治4年の火災で旧本坊は焼失してしまいました。
装飾らしいものはほとんどなく、瓦に至るまで黒一色の門は極彩色が目立つ二社一寺の中で異色を放っています。

また、表参道沿いであり、待ち合わせにも最適ですよ。
posted by 宮っこ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

日光剣道大会

17、18日と日光東照宮武徳殿で剣道大会が行われました。
ここ、武徳殿は昭和6年に武道場として整備された施設です。
建物の正面左側には剣道復活之地碑もあります。
昭和27年に武徳殿で行われた剣道大会がきっかけで全日本剣道連盟が結成されました。

日光剣道大会
試合前の一時を過ごす剣士の皆様


この大会のため、ここ数日、山内付近は大渋滞。
今日からはすくでしょう。
posted by 宮っこ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

待ち人

お盆中、二社一寺には多くの観光客が訪れました。
日本人の観光客が多いことはもちろん、海外からの人が特に多い気がしています。

階段で一休みして、誰か待っているのかなぁ。
待ち人
糸割符灯籠前にて
posted by 宮っこ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

観光客で賑わう二社一寺

お盆休み中、二社一寺は大勢の観光客で賑わっていました。
周辺の道路は混雑はしていましたが、一時的なもの。
今度混雑するのは紅葉時期ですね。

人出にぎわう参道
posted by 宮っこ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

二社一寺の花

二社一寺を含む山内を歩いていると、様々な花を見ることができます。

二社一寺というと、絢爛豪華な建物にばかり目が行きがちですが、
杉の並木や苔むした石垣などにも時代の長さを感じることできるでしょう。

こんな花を見つけましたので、ご紹介。
二社一寺の花

二社一寺の花
posted by 宮っこ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

照降石

表参道の大鳥居の足下に照降石はあります。
石段の10段目、中央の敷石がそれで、斜めに分かれた茶と青の色の違いが強まると、
翌日から天気が崩れるそうです。
照降石

昨日、この付近をお散歩していると、いつもより陰影がはっきりしていました。
帰るまではもつかなぁと思っていたのですが、
まんまと降られてしまい、ずぶぬれに...。

皆さんも、天気の行方が気になる時は参考にしてみてはいかがでしょうか。

こんな花が咲いていました。
posted by 宮っこ at 08:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

男体山登拝講社大祭

奥日光では男体山登拝講社大祭が催されています。
イベントの大部分は終了してしまっていますが、7日までは期間だそうで。
体力に自信のない私は男体山に登ったことがありませんが、今年も昨年に引き続きご来光を見ることができたそうで何よりです。

日光二荒山神社にも旗がたっていました。
二荒山神社
posted by 宮っこ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

紫陽花

県都宇都宮から遅れること数週間、日光でも紫陽花が見頃を迎えております。
とはいってもまだ、つぼみの株があるほど。
二社一寺周辺でも見られますので、足を止めてみてはいかがでしょうか。
紫陽花とトンボのこんなカットは日光ならではかもしれませんね。

紫陽花
posted by 宮っこ at 08:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

猿の物語 その6

6回目です。
猿6

人でも適齢期になれば...、猿でも恋煩いをするのです揺れるハート
posted by 宮っこ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

猿の物語 その5

全8話のうち、折り返し、5回目。
猿5
人生を歩むなかには、壁に当たることも当然あります。そのような時に頼りになるのは友達ですね。
posted by 宮っこ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

猿の物語 その3

猿の物語の3回目。
猿3

もうそろそろ一人前となろうとしている猿ですが、まだ、座り込んでいます。
猿は何を思うのか...。

-------------------------------------------------------
文化元年より受け継がれてきた味わい 湯沢屋の酒蒸しまんじゅう(24個入り) 湯沢屋といえばこの酒蒸しまんじゅうと羊羹が有名なお店。特にこの酒蒸しまんじゅうは甘いものが苦手な方でもokだと思いますよ。
-------------------------------------------------------
posted by 宮っこ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

猿の物語 その2

猿の物語、第二回目は皆さんご存じの三猿です。

猿2

子供の頃には悪いことを見ザル、言わザル、聞かザルが良いとの教えです。
小さい頃からの英才教育がブーム化する昨今ですが、しつけができてないと、と思うのは私だけでしょうか。
posted by 宮っこ at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

猿の物語 その1

東照宮神厩舎の彫刻は左から右へ8ページの猿の物語になっています。猿の一生を通して、人の道を説いているそうです。日光だいや川公園の模型にある彫刻を参考に8回にわたって、説明を掲載します。

猿1

手をかざした母猿が子猿の将来を見ています。一方、子猿は信頼しきって母猿の顔をのぞき込んでいます。
posted by 宮っこ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠猫

6月6日に紹介した日光だいや川公園内の体験学習施設からもうひとつ。この眠猫は1/10模型ではなく、壁面に展示してあるもので、原寸大だと思います。実際、行くなり、この施設の模型を見ると分かるのですが、眠猫のすぐ裏側にスズメの彫刻があることから、平和の象徴として、ガイドブック等にもよく紹介されています。
ガイドブックを熟読してからや、現地ガイドを頼むと、いわれや見過ごしてしまうようなことを発見することができ、何度でも楽しむことができると思います。陽明門ですら一日かかるのですから(それ故、日暮門と呼ばれます)。
眠猫


-------------------------------------------------------
日光名物 湯波(ゆば)の老舗との歴史的合作!湯沢屋の豆乳水羊羹 「鉢石」【6個入り】水羊羹で有名な湯沢屋からの新商品。日光名物ゆばとの歴史的合作!湯沢屋の豆乳水羊羹鉢石。日光駅から二社一寺の途中には羊羹屋が数軒ありますので、食べ比べてみても楽しいかもしれませんね。
-------------------------------------------------------
posted by 宮っこ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

茅の輪

6月3日に紹介した茅の輪を紹介します。
茅の輪

周辺には修学旅行とおぼしき小学生がキャッキャと騒ぎながら楽しんでいました。
山内に咲く花は...
posted by 宮っこ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

茅の輪くぐり

明日6月4日から30日まで二荒山神社にて茅の輪(ちのわ)くぐりが行われます。
昔、尊が土民に一夜の宿を求め、泊めたお礼に「茅(ちがや)」で輪を作り、これを腰に付けていれば悪疫から免れるであろうと教えられました。
この故事に基づき、現在、大きな茅の輪を作り、それをくぐれば災厄を免れるという信仰が生じたそうです。

表参道を東照宮手前まで歩き、五重塔脇の参道へ左折し、直進しても二荒山神社へ到達します。ここには灯籠が並び、参道のなかでも人の往来も少なく、ゆっくり散策することができます。
灯籠
posted by 宮っこ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

本宮神社・四本龍寺

本宮神社は本社(新宮)、滝尾神社とともに日光三社権現のひとつです。正面のみが極彩色で、二社一寺と比較すると質素な造りではありますが、観光客が少ない(というかほとんどいない)ため、静寂の中、見ることができます。


一方、四本龍寺勝道上人が紫の雲が立ち昇るのを見て、小さな草庵を作ったのが始まりで、紫雲立寺(しうんりゅうじ)とされていたものが四本龍寺(しほんりゅうじ)と変化したそうです。現在、二社一寺で唯一の素木造りです。寺の前には紫の雲が昇ったといわれる石もあります。
なお、現在、脇にある三重塔は改修のため、見ることができません。


本宮神社、四本龍寺ともに二社一寺の前身とも言うべきものであり、歴史に興味のある方は見る価値があるのではないでしょうか。

posted by 宮っこ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

神橋のライトアップ その2

神橋のライトアップを4月23日に一度掲載しましたが、新緑になった神橋をまた撮ってきました。

神橋

前回は真っ暗になってからでしたが、今回は夕暮れ時を選んで行きました。
これでがあったらきれいな写真になる気がするなぁ。
posted by 宮っこ at 22:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

東照宮春季例大祭 その4

東照宮春季例大祭のハイライトとも言うべき百物揃千人武者行列が無事執り行われました。11:00amから渡御(東照宮から御旅所へ)、1:00pmから遷御(御旅所から東照宮へ)の行列があります。
行列に関する詳しい解説は私も参考にさせていただいている日光を漂うをご覧ください。
例年の傾向ですが、午前におこなわれる渡御の方がかなり混雑していました。混み具合が20〜30%は異なります。
御旅所
御旅所でおこなわれた神事の一部


祭旗八本
祭旗(写真では判りにくいかも知れませんが8本あります)


御輿三基
            前から
             御本社御輿(徳川家康)
             御左御輿(源頼朝)
             御右御輿(豊臣秀吉)

東照宮春季例大祭に関する報告や情報提供が後手にまわってしまい、申し訳ありませんでした。
posted by 宮っこ at 22:09| Comment(3) | TrackBack(2) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東照宮春季例大祭 その3

百物揃千人武者行列に先だって行われる朝御饌祭(あさみけさい)を見てきました。
7:00amから行われるこのお祭りは、一般の方が考えるところのお祭りとは少し趣旨が異なります。
昨日、宵成祭(よいなりさい)にて東照宮から二荒山神社へ来た御輿を二荒山神社神職、そして東照宮神職で神饌するお祭りです。そのため、お祭りとはいえ、終始、神事のみのであり、厳かな雰囲気の中、執り行われました。
朝御饌祭


今日は11:00amから武者行列が出立し、さらに1:00pmからも行列があります。これを見て、行こうと思っていただければうれしいです。
posted by 宮っこ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

東照宮春季例大祭 その2

日光東照宮春季例大祭第二報
今日の1:30pmから流鏑馬神事が執り行われました。
テレビでは流鏑馬をやっているまさにその時しか写りませんが、1:00pmから日光東照宮の五重塔付近で神事が行われたり、表参道を往復したりと、なかなか楽しむことのできるお祭りです。
流鏑馬神事

とは言っても、メインイベントは流鏑馬。騎乗で射抜く姿は見ていて迫力を感じます。3人が3箇所の的を目指しますが、今年は6/9? あまり数字には自信がありません。
ちょうど射抜いた写真がとれた!これはベストショット間違いなし、と思い、パソコンで見てみると、う゛ぅ〜、ピントが合ってない...。

明日は春季例大祭のメインイベントとも言うべき百物揃千人武者行列。皆さん、是非栃木県は日光へ足を運んでください!
posted by 宮っこ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東照宮春季例大祭

今日から日光東照宮春季例大祭が始まりました。

例大祭に先駆け、輪王寺にて8:00amより延年の舞が行われました。
30分前には20〜30名程度の観光客及び15名前後の報道関係の方が集まりました。

寺なのに神事として位置づけられるこの延年の舞秘舞とされており、残念ながら撮影はできませんでした。年に一度執り行われるこちらの舞は必見です。

なお、見学にあたっては三仏堂の拝観料400円を払う必要があります。共通拝観券でもよい気がしますが、延年の舞は8:00amからのため、前方の席は確保できないと思います(共通拝観券の販売は8:00amから)。また、三仏堂内に入らなければ拝観料はかかりませんが、舞台の外側に頌衆(声明を唱える僧侶たち)が立っているので見えないと思います。三仏堂への出入りはかえって入らないで外にいないと見られません。もし、来年行かれる方は参考にしてください。
posted by 宮っこ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

神橋のライトアップ

4月20日に報告した神橋についてですが、一部訂正があります。
既に夜間はライトアップをしております。こんな感じです。

ライトアップされた神橋
posted by 宮っこ at 22:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

今日から神橋 一般公開

今日から約1年間、日光市山内の大谷川にかかる神橋が一般公開されます。この期間は橋の下に降りて仮設観覧台から橋の下部を見ることができます。とは言ってもよっぽど興味のある方以外は だとは思いますが...。とはいえ、今後はないことなので、話のタネにしてはどうでしょうか。
また、確定したことではないのですが、二社一寺でライトアップをしていたように神橋もするかもしれません。そんな情報があれば、また報告します。

残念ながら、初日は雨でした。週末は混雑するかもしれませんね。

神橋_一般公開
なお、9月までは8:00am〜5:00pmが見学時間(橋を渡ったり、仮設観覧台へ行くことができる時間)です。秋期、冬期は時間が短縮されます。
posted by 宮っこ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

弥生祭-神輿飾祭-

今日から日光へ春を呼び寄せる弥生祭が始まりました。本日報告する神輿飾祭を皮切りに、14日には滝尾神社神輿渡御祭、酒迎式、15日には氏子大祭、16日には滝尾神社神輿還御祭、高天原神事、宵まつり、そして最終日の17日には例大祭と続きます。
日光へ来たことのない方へも雰囲気が感じられるよう、歩いていくことを想定して綴っていきます。
とりあえず神輿飾祭の状況はこんな感じ!
神輿飾祭 神輿
続きはコチラ!
posted by 宮っこ at 22:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

明日から弥生祭

輪王寺
輪王寺
明日からは日光に春を告げる弥生祭です。今年は日程にも恵まれ、最終日が日曜日。しかも神橋公開もされていますし、是非来てください。詳しい日程はこちらへお願いします。
とはいえ、日光の春はまだ遠い模様。上記写真の右手側にあるのが有名な金剛桜です。説明を簡単ではありますが以前書きましたのでこちらも見てくれるとうれしいです。ちなみにつぼみはこんな感じでした。
輪王寺の桜はつぼみ
ちょうどゴールデンウィークに見頃になるかなぁ。
posted by 宮っこ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

神橋の渡橋式

今日の下野新聞に渡橋式の記事が掲載されていました。
下野新聞のHPでも紹介されています。
日光街道沿いには神橋完成に合わせて旗が掲げられました。こちらの写真はそのうちUpいたします。
posted by 宮っこ at 09:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

今日も神橋

最近、毎日のように神橋を見に行っている気がします(-.-;)。
24日朝の時点で、すでに26日の神事準備のため、木材などが神橋の上に置いてありました。
神事の日は用事があり、撮りに行けそうもありません。誰か撮りに行く人がいれば、トラックバックお願いします m(_ _)m 。
posted by 宮っこ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

輪王寺にある金剛桜

金剛桜は二社一寺のうち、輪王寺三仏堂の前庭にある山桜の勝れた突然変異種です。樹齢は400年とも500年とも言われるほどの古木です。例年4月20日前後に開花し、GWに満開を迎えるようです。
輪王寺のすぐ前、しかも階段横には拝観料を払う建物まであるので、桜を見るのにお金を払う必要があるのかどうか迷う方もいると思いますが、金剛桜の拝観については拝観券はいらないとの記載があるため、無料で見られます。
3月18日時点ではつぼみはまだ固く、開花はまだまだでしょう。あと少ししたら写真をUpしますね。
余談ですが、JCBのCMで冬の東京ディズニーリゾートに紹介するよ〜なんていうのがやっていました。日光の春はまだ遠いというのに。
posted by 宮っこ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光市>日光の社寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。