2017年06月30日

薪はいつ積むものだろう?

自宅に薪ストーブがあります。
前シーズンは大量に原木を入手し、割っては積んでを繰り返しましたが、薪はいつ積むのがよいのだろうと思い立ち、調べてみました。

すると「近江薪炭クラブ」の記事「薪の積み方」に次の記載がありました。
--------------------------------
ムシの被害を防ぐためには、薪割り後は雨風とお日様にさらして乾燥させることを同業者さんに教わりました。薪は土用まで雨ざらし というらしいです。つまり、産卵期には薪小屋に生木の薪を置かないようにする、ということです。
--------------------------------

つまり7月中旬ごろまでは雨があたろうが野ざらしにしておいて、その後積むと良いようです。
とは言え、野ざらししておける土地があることが前提ですね。
【関連する記事】
posted by 宮っこ at 22:34| Comment(0) | 雑記帳>薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。