2005年04月13日

祥雲寺の桜

宇都宮はまる2日の雨で桜もかなり散ってしまいましたが、この祥雲寺の桜も散ってしまったんだろうなぁ。この桜とも来年まで会えないと思うと少し寂しいです。
祥雲寺の桜
祥雲寺のしだれ桜

江戸時代初期の1650年代に植えられた桜で、昭和23年の火災で枝の北側の一部が消失したものの、その後の対応で今のような樹勢を取り戻したそうです。いろんな人に助けられながら、地域の顔として立派に咲き続けているんですね。
posted by 宮っこ at 08:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 栃木県内>古_観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮っこさんおはようございます。

やっぱりしだれ桜はいいですね。
かっこいいです。みんなが桜を守っていく
という姿勢もすごく素敵だなあと思いますよ。
日光に出かけたくなりました。
Posted by うたいばな at 2005年04月20日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック