2006年02月06日

大田原市

昨年、平成17年10月1日に大田原市、湯津上村、黒羽町が合併し、新生大田原市となりました。人口は約79000人です。

市の木はイチョウ、市の花は菊、市の魚はミヤコタナゴとなっています。このミヤコタナゴ、国指定天然記念物となっている魚で、確か、なかがわ水遊園で見られたと思います。

なかがわ水遊園について、もうひとつ。ここは全国的に見ても珍しい、淡水魚の水族館です。通常の水族館と比較すると小規模ですが、イベントが定期的に行われており、魚とのふれあいも楽しめる施設となっています。

その他の主な観光スポットとしては下記のようなものがあげられるでしょう。
 雲巌寺
 芭蕉の館
 光丸山法輪寺
 那須国造碑
 白鳥(羽田沼)
 黒羽城址公園(アジサイ)
 大雄寺(ボタン)
 芭蕉の道句碑めぐり


大田原市を拠点とするblogはこちら。
郡司あきらの一言
大田原だね!っと
栃木県大田原に住むクリスチャンビジネスマンの日記


posted by 宮っこ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県内>古_観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック